2020年05月05日

一緒にアフィリエイトを頑張りましょう!

いらっしゃいませ。
アフィリエイトを始める人に優しいサイトにしよう。
→説明文だけ書くのもなぁ
→→対話形式にしてみるか
という感じでつくってみました。

応援してくれるとやる気になるんで、お願いします。
「応援したよ〜」など、コメントに残してもらえれば、空飛ぶマントでこちらも飛んでいきますんで。
それ〜!……!!!!ごほ、ごほっ。く、首が締まる!危ないんで、マントは使えませんね。移動手段がなくなったので、歩いていきます。少し遅くなるかもしれませんが、のんびり待っててやってください。


↓こちらはブログ検索サイトです。他の人のを見るのも参考になりますよ〜

ブログ検索

ブログ登録・検索 Blog Entry
posted by アフィリの弟子 at 10:00| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

徹夜かなぁ

私「学園祭の準備でとまりで作業中」

アフ「更新してるじゃないか。今家だろ」

私「忘れ物取りに帰ってきただけだって、これから徹夜だろうなぁorz。そんなわけで、また動画の紹介〜。
http://www.kami-douga.com/movie/chicken.htm
マジックが好きなんで、自分でも少しやってるよ」

アフ「下手だかな」

私「うるさいなぁ、練習してるっての!」











弟子「あれ?出番は?」


posted by アフィリの弟子 at 00:51| Comment(31) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

前回に習って

弟子「あの〜、どなた?」

私「え?ココの管理人」

弟子「ああ、大家さんですか。何のようですか?」

アフ「最近、更新していなかったからな。ここにつれてきて、少しはやる気を出させようと思ってな」

私「いやいや、面目ない。ちょっと、モチベーションが下がる出来事があってね。今は大丈夫。」

アフ「まあいい、今回は前回の記事に習って一つ、面白動画の紹介にしてみるか」

私「あ、じゃあ↓これなんかどうかな?
http://www.kami-douga.com/movie/pama.htm
人気の空耳系だけど」

弟子「あはは。なんていうか、こんな子どもは持ちたくないですね。すごい繊細だ(笑)」

posted by アフィリの弟子 at 13:55| Comment(4) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

記事のネタだし その2

弟子「あ、懐かしい物が出てきたなぁ〜」

アフ「ん?何だ?」

弟子「修学旅行のときの写真ですよ、ほら」

アフ「ほう、今と違って、将来への希望を抱いてるって顔だな」

弟子「失礼な!今でも、将来への希望は捨ててませんよ!?」

アフ「そうだったのか?まあ、そんなことはどうでもいい」

弟子「よくないですよ!」

アフ「ところで、修学旅行といえば思い出の一つや二つあるだろう?」

弟子「ええ、もちろん。特に思い出深いのが、風呂上りの後の自習の時間に、友達に言われたことですね」

アフ「修学旅行中に自習の時間とはな……。そんなどこでもできることよりも、もっとやることがあっただろうに」

弟子「まあ、仕方ないですよ。学校は、勉強させてますよ〜ってアピールしないといけない時代ですから」

アフ「なんだかな、変な時代になったもんだ」

弟子「ま、それは置いといて。その、風呂上りの自習のときに友達に『おまえの、小さいな』って言われたんですよ」

アフ「……そうか、それはなんというか。ご愁傷様だな」

弟子「ねぇ、ひどいですよね!よりによって『小さいな』ですよ!いくら自分のが長かったからって」

アフ「……惨めだな」

弟子「そんな、惨めだなんて。物を大切に扱う精神の現われじゃないですか!」

アフ「物?アレじゃないのか?」

弟子「何ですか、アレって?自習中の話なんだから鉛筆に決まってるじゃないですか」

アフ「…………」

弟子「あれ、先生?どうしまし…」

ザクッ

弟子「……な…なんで?…ガクッ」

--------閑話休題--------------------------------------------

アフ「さて、今日は記事のネタに困ったときのネタだしの方法だ」

弟子「参考になるか微妙ですけどね〜」

ザクッ

アフ「ネタ出しに困ったときだが、そういう時は自分の体験を書く、というのが一つあるな」

弟子「おぉ、いてて……。でも、書くようなことがその日起こればいいですけど、なかったらどうするんです?」

アフ「一日中、家にこもっているなら別だが、そうでない限り何かしら、起こっているものだがな。まあ、気づかないこともあるだろう。そういう日は、他のサイトの感想や、インターネット上に落ちている面白映像、笑える映像を紹介して、感想を書くだけでも記事になる

弟子「今話題のYou Tubeとか、いろいろありますよね」

アフ「そうだな。自分のブログに関係のないことを書くだけでもいいのか、という意見もあるだろうが、個人的な考えとしては、できる限り毎日更新、最低でも2日に一回は更新することが、サイトの信用につながると思っている」

弟子「ブログをしっかりと運営してますよ〜、って事を示すためですね」

アフ「そういうことだ。いくら良い記事を書いたとしても、信用のないサイトになってしまっては、元も子もないからな」

弟子「ですね〜……ん?じゃあ、このサイトが反面教師ですね!」

アフ「まったくだな、管理者はなにをやってるんだか。この際、ここに引きずり出してくるか」

posted by アフィリの弟子 at 10:00| Comment(5) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

記事のネタ出し その1

アフ「今日も鍋か……。もう、三日目だぞ。他のものにしないか?」

弟子「なに言ってんですか。まだ残ってるのに、他のものにするなんて。もったいないじゃないですか。『もったいない』世界の合言葉ですよ

アフ「だいたい、作りすぎじゃあないか?」

弟子「仕方ないじゃないですか。一回で使わないと、冷蔵庫の中でしおれた大根になったりするんですから」

アフ「ミイラになる前に使ってやれよ」

弟子「忘れるんですよ、一人暮らしだと特に」

アフ「だったら、買う量減らせよ!なんで、鍋3つ分も作る!?」

弟子「……ああ!

アフ「……」

ザクッ


--------閑話休題----------------------------

アフ「さて、記事の書き方を紹介する前に、『記事なんてどう書けばいいのさー』って奴のために、ネタ出しについて言っておこうと思う」

弟子「あー、何書いたらいいかわからないですからね」

アフ「ブログのテーマに沿って、書くならばネタには困らないだろう。今話している事柄も、アフィリエイトから連想して出てきたことだしな」

弟子「あ、連想ってことが大事なんですね。いつも通り緑になってる」

アフ「……その話題には触れるな。世界観が壊れる」

弟子「えー、でも……」

ザクッ

アフ「今回の場合アフィリエイト→ブログ→記事→ネタという風に連想したわけだ。聞いてるか?」

弟子「−−−−(返事がない。ただの屍のようだ)−−−−」

アフ「…最近疲れてたからな。血が足りなかったか?まあいい、連想によって、自分のブログのテーマに沿った記事のネタは簡単に出てくる。そうはいっても、ブログは好きなことに関して書いてるはずだから、この作業は無意識のうちにやっているかもしれんがな」

弟子「……おばあちゃ〜ん……」

アフ「どうやら、本格的にまずそうなので、今日はここまで。次は、ブログのテーマに沿った記事以外について、どうやってネタを出してるか。まだまだ拙いが、紹介させていただこう」
posted by アフィリの弟子 at 12:33| Comment(7) | TrackBack(10) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

弟子「先生!」

アフ「どうしたんだ、騒がしい」

弟子「実は、今日卵焼きを作ろうとしてたんですよ」

アフ「そのくらいどうした。卵焼きくらいなら私でも作れる」

弟子「……先生、三毛猫ですよね?どうやって?」

アフ「そんなことは、どうでもいい。卵焼きを作ってて、どうしたんだ?」

弟子「そう、それです!卵をかき混ぜる時、ボールを出すのが面倒なので、コップを使ってるんですが」

アフ「ボールくらい出せよ」

弟子「面倒なんですよ。で、箸でいつも通りかき混ぜたんですが、なんと!黄身の一つが崩れないで、そのままで残ってたんですよ!」

アフ「かき混ぜ方が下手なだけじゃないか?」

弟子「きっと、これはあれですね『貴様らの食料に身を堕とそうとも、卵としての誇りを失うことはない。そう、決して』という無言の主張だったに違いありません!!

アフ「ネジが何本か抜けたかな?で、どうしたんだ?」

弟子「友(卵)の意思を尊重し、形が崩れないよう目玉焼きにしました。白身がない妙な目玉焼きになりましたね」

アフ「……喰ったのか」
posted by アフィリの弟子 at 10:09| Comment(6) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

ブログを作成しよう その2

弟子「はあ……」

アフ「どうした?陰気なため息なんかついて」

弟子「いえね、英語の授業があったんですけど、そこで大笑いされちゃって……」

アフ「何かしたのか?」

弟子「…笑わないで聞いてくださいよ?英語の問題でよく、( )に当てはまる語をしたの選択肢から選べってあるじゃないですか」

アフ「ふむ、良くある問題だな」

弟子「その問題が『彼女は( )ので息が切れて話すことができなかった』とまあ、日本語に訳せばこんな感じなんですよ」

アフ「選択肢を見なくても、ある程度の予測は立つな」

弟子「そう、簡単な問題だったんですよ。run(走る)を入れればよかったんですからね。ただ、その日は寝不足で答える問題を間違えてしまって……」

アフ「間違えて?」

弟子「bornって、答えちゃったんですよ?」

アフ「は?生まれて?はっはっは、馬鹿じゃないか?お前

弟子「仕方ないじゃないですか!特にネイティブの先生は顔が真っ赤になるほど笑ってたし、ああもう!」

アフ「ま、これに懲りたら、授業をきちんと受けることだな」

-------閑話休題------------------------------------------------------

アフ「さて、昨日は話がそれてしまったが、今日はブログの作り方の続きといこう」

弟子「昨日の話はつまらなかったですからね〜」

アフ「どうしても、話したかったからな。それは仕方ない。さておき、先日ブログを作るために、登録を済ましたな。そうしたら、seesaaブログのトップページから、右上のサインインを選び、メールアドレスとパスワードを入力すると

10m29d_000638153.jpg

このような画面が出てくる。」

弟子「あ、ここが表示されてますね」

アフ「そうだな。初めてのときは何も表示されていないから、とりあえず中ほどにある『新しいブログの作成はこちら』をクリックだ。

2006y10m29d_001335563.jpg

この画面で、どんなブログを作りたいか入力していくわけだ。@ホスト名:この部分は任意でいい。適当でも、サイトに関連させてもいいが、半角英数字で入力するように。Aブログタイトル・ブログ説明:ブログの看板だな。どんな内容か分かりやすい名前をつけるといい。どうしても付けたい名前があるなら別だが。説明も、興味を持たせつつ、分かりやすくしないといけないな。まあ、後で書き直すこともできるから、まず書いてみることだ。

弟子「はじめから良いものを書けなくても、魅力的な文章に書き直していけばいいんですね

アフ「そういうことだ。Bニックネーム:ブログの管理人として表示される名だな。好きにつけるといい。C認証コード:正当な登録かどうかを確かめる物らしいな。深く考えず、表示されている数字なりを入力すればいい」

弟子「これで、ブログができたんですね!」

アフ「一応は、な。まだまだ生まれたての赤ん坊みたいなもんだから、記事を書いたりして育てていかないとな。『次回は記事を書く』あたりの説明になるかな?」

弟子「また、寄り道がなければですね」

posted by アフィリの弟子 at 00:51| Comment(8) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

寄り道

弟子「あ、先生!昨日はどこに行ってたんですか?」

アフ「ん?ああ、ブログを親しみやすいものにしようと対話形式にしたのはいいが、肝心の説明したい内容より、会話のほうに時間を取られている馬鹿の様子を見に行っていた」

弟子「とんだ馬鹿ですね」

アフ「ああ、全くだ。それと、国際三毛猫大学(英名:International tortoiseshell cat university)の特別講師として講義もしなきゃならんからな、ここに来るのは週4くらいだと思ってくれればいい」

弟子「何ですか?その大学」

アフ「知らないのか?ある三毛猫の発案により、世界各国の協力によりできた猫のための大学だ。いまさら、常識だぞ」

弟子「……いや、普通知りませんて」

アフ「そうか、今度の会議ではその辺について議案を出してみるか」

----------閑話休題---------------------------------------------------

アフ「さて、今日はブログ作りの続きといきたいのだが、非常に示唆深い映画を見たため、そちらの話をしたいと思う。まあ、ブログ作りにも関係ある話なので役に立つだろう」

弟子「はあ」

アフ「黒木和雄監督の『祭りの準備』という作品だ。知ってるか?」

弟子「いえ、全く」

アフ「映画自体は、さほど面白くないのだが、そこに込められたメッセージを読み取ろうとして見ると、これが興味深い。売り切れているほどの人気があるぞ」

弟子「ただ単に数が少なかっただけじゃ……」

ザシュッ

アフ「この作品の時代、村というのは特異だった。というのも、村という世界だけで完結しているんだな。村人同士の結びつきが強いから、そのことに疑問を持つ者もほとんどいなかった。親の職業をそのまま継ぐこともよくあった。村ではそれが、当たり前だとされたから職業の選択もなく、当然にその職業に就いたんだ」

弟子「今では考えられないですね」

アフ「そう、そしてこうした環境で育った者は個性が育ちにくい。だから、現代でも、画一された教育現場に対して個性を大事にと言われるのだろうな。少し話がそれたが、そのような村にも外の世界に出る変わり者がいる。例えば、その変わり者が東京などの都会に出て行ってどうなると思う?」

弟子「え?そりゃあ、成功するか、失敗して村に帰るかじゃないですか?」

アフ「いや、よほどの運か生まれ持っての特異な才能ががないかぎり、100%失敗して村に帰ることになる」

弟子「なにも、そこまで言わなくても」

アフ「変わり者とはいっても、結局は村で育ったものだ。外に出なければという衝動はあっても、その目的がない。というより、目的を作れないんだ。個性のない者が、自分が何を目指しているか分かるはずがない

弟子「なるほど、目的がないと何か始めることすらできないですね」

アフ「そう、無理やり何かを始めたとしてもそれは失敗するだろう。例えば、ブログについても同じことだ。アフィリエイト、人に知ってもらいたいことがある、仲間を作りたい……なんでもいいから、目的を持ってやって欲しい

弟子「……難しいですね」

アフ「……そうだな」
posted by アフィリの弟子 at 19:52| Comment(6) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

ブログ作成をしよう その1

弟子「先生!」

アフ「なんだ、そうぞうしい」

弟子「初めて1日で3件もコメントが来ましたよ!シゲさん、おさるさん、ミヤモトさん、ありがとうございます!」

アフ「これも私の指導の賜物だな。というわけで、ほら」

弟子「何ですか、この紙?領収書……っ!!マグロ一匹366kg、1,390,800円〜〜〜!?今年捕れた一番大きいやつじゃないですか!しかも、俺の名前で買ってある!?

アフ「まあ、授業料のようなものだ……にしても、よくそんなこと知ってるな」

弟子「そんなことはどうでもいいんです!支払いをどうしろと?金がないのは知ってるでしょう?

アフ「心配いらん、出世払いでの返済を承諾させたからな。良かったじゃないか、目標額ができたじゃないか」

弟子「無理ですよ、無理無理無理無理無理無理無…

ザクっ


----------閑話休題---------------------------------------------------

アフ「今日はブログの作り方だったな」

弟子「…はっ!今なにか、大変なことがあったような」

アフ「気のせいだ。ここでは、例としてseesaaを使ってみることにしよう。
これがseesaaブログのトップページだ。http://blog.seesaa.jp/小さくて見にくいようだったら、クリックしてみるといい。
2006y25d_233802891.jpg



新規登録(無料)はコチラ、とあるボタンを押すと以下の画面が表示される。



2006y10m25d_233815640.jpg

メールアドレスと自分の使いたいパスワードを任意で入力して、サインインだ。この時、[はじめてアカウントを作成する]のところにチェックを入れるのを忘れないように。すると、確認のために、アドレス、パスワードに加え、名前を入力する画面が出るから、それを入力したら完了だ

弟子「なるほど、これでブログができたんですね」

アフ「いや、まだブログを作る前段階だ。次は……といきたいところだか、まずは、次の講義までに自分が何のブログを作りたいか、考えておくことだ。長く続けるためには、ココでのテーマ選びが重要だから、しっかりと考えるように。まあ、好きなことをテーマにすればいいさ」

弟子「テーマ選びか……よし、考えてみるか!」
posted by アフィリの弟子 at 00:01| Comment(7) | TrackBack(1) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

出会い

男 「もうだめだ……」

? 「何をしてる?今時、神社で首吊りなどはやらんぞ」

男 「ほっといてください、だいたい、あなたには……って、猫!?」

猫 「何だ、猫がしゃべったらおかしいって顔してるな?それに、私は三毛猫だ。猫とひとくくりにされては困る」

男 「いや、まあ……っは!こいつを売れば金になる!神は俺を見捨ててはいなかった!サンキュー、ゴッド!!

ザクッ


男 「〜〜〜〜っ!!爪!!痛!

猫 「くだらん事を考えるな。金が稼ぎたいならついて来い」

男 「え……?」

---------------------------------------------------------------------

男 「……あの、ここ俺の部屋ですよね?」

猫 「これからお前に教えるのは」

男 「なんで、知ってるんですか?だいたい、鍵は…」

ザクッ

猫「黙れ」

男 「はい」

猫 「お前…あ〜、弟子でいいや、にはアフィリエイトを教えてやろう。」

弟子「いや、ちょっと?俺には狗天って名前が…」

ザクッ

猫 「そんなもん、いらん」

弟子「〜〜〜っ!グサッって、ひど……分かりましたよ、まったく。で、あなたの名前は?」

猫 「名前はまだない」

弟子「って、どっかの、文豪猫じゃあるまいし。……じゃあ、アフィリエイトを教えてくれるからアフィリでいいですね」

アフ「安易だな…。まあ、いい。で、アフィリエイトというのは何か知ってるか?」

弟子「何ですか?それ?」

アフ「アフィリエイトというのは個人or企業が運営するサイト・ブログ・メールマガジンに、商品の広告を張って、訪問者がその広告を経由して商品の購入などの条件を満たせば、サイト・ブログ・メールマガジンの運営者に報酬が支払われるものだ

弟子「面倒じゃないですか?」

アフ「お前が、怠けものなだけだ。利点としては、@商品を直接扱うわけではないので、在庫を抱える必要がないこと、A自分の好きなテーマの商品を扱えること、B好きなものを扱えるわけだから、楽しみながらできること、C無料でできることなどが挙げられるな」

弟子「面白そうですね」

アフ「そう、その楽しもうという気持ちがまず大切だ。では、次回は初心者が、簡単に始めやすいブログについて説明していこう」




posted by アフィリの弟子 at 16:54| Comment(3) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。